未払い残業代の計算方法と請求方法

未払い残業代を請求する場合には、残業を行った時間とその単位あたりの賃金を正確に計算する必要があります。

一般的には企業と労働者の間で決められている時給に基づいて計算されることが多いのですが、契約内容により計算の仕方が煩雑になる可能性もあるので、十分に確認をしておくことが必要です。基本的に未払い残業代を請求する場合には、残業時間1時間あたりに対する時給を基準とし、残業を行った時間帯によって割増賃金を加算します。

この割増賃金の割合は労働基準法に基づいてその下限が規定されており、未払い残業代を請求する場合にはその計算式に則って行った残業に対する賃金を積算し請求することになります。ただし最近では、明確な時給を設定しておらず固定残業制などで残業代を支払わないケースも少なくありません。

この場合には時給や割増分についても契約上制定されていないことがあるため、その場合には労働基準法で定められて最低賃金の水準で計算することになります。そのため他の従業員の時給を参考にして残業代を計算した場合明らかに残業代が得る属していると思われるケースでも、労働基準法で認められる最低賃金で計算すると十分に支払われているケースもあるので注意が必要です。

未払い残業代を請求する場合には、事前にしっかりと契約上の時給や割増賃金について規定されていることを確認することが必要です。契約において時給や割増賃金が規定されている場合はこの規定に則って請求することができますが、そうでない場合には労働基準法で定められる最低賃金や割増の下限に基づいて計算しなければならないため、十分な注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です