未払い残業代を弁護士に相談して取り返す

サービス残業は会社の慣例となっているから支払ってもらうのは無理だとあきらめている会社員は多いのですが、弁護士に相談すれば過去2年分の未払い残業代を取り返すことができます。

自分1人で未払い残業代を会社に請求しても支払ってもらえる可能性はありますが、被雇用者よりも会社側の立場の方が強い為聞く耳をもたない会社がほとんどです。会社側としては1人に未払い残業代を支払うと、他の社員にも払わなくてはいけなくなるので申し立てを握りつぶそうとします。しかし法律で未払い残業代は必ず支払わなくてはならないものと決められています。

弁護士は法律に基づいて会社側と交渉する為、言い逃れはできません。支払いを拒否すれば裁判を起こされ会社側のイメージが大きく傷つくだけではなく、労働基準監督署から勧告を受けたり刑事罰が科せられることもあるからです。また弁護士は労働状態に基づいて未払い賃金を計算するので、示談の際に不当に安い金額で手を打つこともありません。

未払い残業代を請求する際には、確かに残業をしていたという証拠を集めておくことが大切です。証拠の集め方も弁護士に相談すれば教えてもらえます。相談や最初の着手金は無料で受け付けている弁護士事務所が多数あるので、まずはそういったところに相談してみると良いでしょう。

報酬金の支払いも取り返した残業代から払うことが出来るので安心です。また取り返すことが出来なかった場合には費用がかからないところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です