売掛債権担保融資で資金繰り

会社の運転資金が不足してしまった場合はどうすれば良いでしょうか。

もしかすると、こうした時はサラリーマン金融や銀行等での借り入れを考えてしまうかもしれません。テレビやインターネットで多く広告を出していますし、有名な感じがしますので安心感を感じます。ですが、こうした場所で借り入れを行うことは会社にとってリスクでもあります。確かにすぐにお金を借りる事ができますが、同時に高い利息を払い続けなければなりません。利息の返済に追われて、肝心の元本がなかなか減らずに、いつまで経っても借金の返済が出来ない事態が予想されます。

こうなると本業の資金がさらに少なくなってしまい、やがて事業が立ち行かない状況になってしまいます。こうした事態を防ぐためにも別の方法で資金を集める方法を考えたほうが良いでしょう。その一つとして挙げられるのが売掛債権担保融資です。売掛債権担保融資は売掛金を担保にして、現金を手にすることができる方法です。

売掛金は後でほかの企業等から売り上げのお金を受け取れる権利です。こうした権利を担保にするために貸している側も、安心してお金を貸し出すことが出来ます。そのおかげで、それなりに高い信頼があるため一般的には消費者金融等の無担保融資に比べると利息が低くなる傾向があります。売掛債権担保融資ならば、利息の返済に悩まされることが少なくなりますので安心です。これならば、より自分の事業に取り組む事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *