売掛債権担保融資は無担保に比べて借り入れしやすい

売掛債権担保融資とは売掛金や債権を担保にして、銀行や金融業者から資金を借り入れる融資方法です。

預金や証券と同じく流動資産を担保にする形で、担保を差し出す分、無担保よりも多額の融資を受けられます。不動産担保融資のように万が一返済できなかった時のリスクに比べると損失が小さく、有効性の高い資金調達方法です。中小企業や自営業者などの、資金繰りが滞りがちな経営者からながらく利用されてきました。銀行などからの融資に担保を求められた場合、経営者の意思に関わらず売掛金が担保になってしまった場合も、売掛債権担保融資と呼びます。

取引先の許可を取る必要はありませんが、売掛債権譲渡禁止特約を結んでいる取引先との売掛金は、売掛債権担保融資は利用できません。取引先の資金繰りが不安定で売掛金が回収できないくらい信用度が低い場合も、断られることがあります。売掛債権担保融資にかわり近年注目を浴びているのが、売掛金や債権を譲渡して即日現金化してしまうファクタリングという資金調達方法です。

融資に比べて金融業者からの審査がゆるく、借金ではなく完全な入金となるため中小企業や自営業者から需要が増えています。売掛金や債権を処分することで経理上のマイナスも減り、会社の信用度も上がるので融資を繰り返すよりもお得です。需要と比例してファクタリング会社の数も伸びており、審査を郵送でできたり手数料の引き下げが行われたりと競合も進んでいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *