売掛債権担保融資を理解して、有効利用する

ファクタリングと似た制度に売掛債権担保融資があります。

どちらも現在保有する債権を担保に提供する点では同じですが、いくつかの点で違いがあります。それら違いを理解して上手に両制度を使い分けましょう。両制度の最も大きな違いは、売掛債権を売却するか否かです。ファクタリングは売却した上での融資ですから、売掛債権の弁済を受けるのは買い手(ファクタリング会社)です。売掛債権担保融資の場合はあくまで売掛債権者が担保に提供するだけであり、売掛債権の当事者に変更はありません。

たとえば、売掛先が債務不履行に陥ったとき、ファクタリングならばファクタリング会社がそのリスクを負うのに対し、売掛債権担保融資ならば当初の債権者が引き続き負います。したがって、ファクタリングを利用する場合、事前審査はより慎重に行われます。その他、手数料に関してファクタリングのほうが割高な傾向がある一方で、融資限度額は低く見積もられがちです。

売掛債権を売却する以上、額面よりも高額な融資は受けられません。その点売掛債権担保融資は、売掛債権の当事者が変わらないので売掛先の信頼性が高ければ、有利な融資が期待できます。この有利性は審査および融資までのスピードを比較しても明白です。融資額が主たる目的ならば売掛債権担保融資が、売掛債権そのものの回収がメインならばファクタリングを利用すると効果的です。両制度の利便性は利用目的を明確にしてこそ発揮されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *