銀行の売掛債権担保融資を通すコツ

ビジネスローンを利用する場合や銀行から融資を受けるときに、担保を求められるケースがあります。

売掛債権とは、融資した銀行が顧客から支払いを受ける権利を言います。売掛債権担保融資は、支払いを保証するための担保のひとつとされています。ほとんどの融資は、信用取引で行われます。先に商品やサービスなどの提供を行い、納品後に請求書を発行して、翌月末または翌々月末に支払いが行われるものです。顧客からの支払いが1ヶ月~2ヶ月先になるため、入金があるまでの期間を売掛債権でつなぐことになります。信用がある以外に経営状態が良いことなども条件になります。

売掛債権担保融資を依頼したときに、銀行に融資を断られることがあります。売掛先の信用状態が重視され、信用状態や条件によって融資するかどうかが決まります。売掛債権担保融資の審査を通すには、日頃銀行を利用することが大切です。メインの取引先口座にしておき、入金の頻度を多くすることで信用してもらえるようになります。

メインバンクになっていれば、銀行はさまざまな手数料を徴収できることから、優遇してもらえるようになるのではないでしょうか。もし、会社が借入金の返済ができなかった場合、銀行は信用保証協会へ貸付残高の代位弁済を依頼します。返済ができなかった場合は信用保証協会が代位弁済を行い、売掛先からの回収を行う仕組みとなっています。万が一の貸し倒れを防ぐために、銀行は信用保証協会を利用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *