売掛債権担保融資を利用するメリットとデメリット

売掛債権担保融資を利用するメリットはなにかというと色々あります。

まず資金の調達方法が増えるという点です。一般的に会社が銀行等の金融機関から借り入れを行う場合、会社や社長といった個人の不動産に担保権を設定したり、社長自らが保証人になるケースが多かったです。しかし売掛債権担保融資では、売掛金といった債権を担保に融資が受けられるので、選択肢が増えて助かります。また資金の確保がしやすいというのもメリットです。会社が不動産を所有していなかったり、所有していても担保価値がほぼないような場合や、適当な保証人もいない場合、在庫や売掛金を担保にする事で、資金の借り入れをする事が可能です。

その為特にベンチャー企業のような資産があまりない企業にとっては、不動産担保の融資が難しくても、会社の売り上げや在庫が増えれば、それらを担保にして融資を受けられます。他にも資金調達枠が拡大するというのもメリットです。不動産の担保や個人保証にはすでに限界が来ていて、これ以上融資が受けられない会社にとって、在庫や売掛金を担保に出来る事で、融資枠を拡大してもらい、その結果更なる資金調達が受けられるようになります。一方デメリットもいくつかあります。

まず売掛債権担保融資を利用する場合、借主である会社は、金融機関に対して、担保提供している売掛金や在庫の内容を定期的に報告しなければならないという点です。その為、銀行からの要求に迅速に対応するには、常に社内の管理体制を正確に整備しておかなければならない為、事務処理の手間が増えてしまいます。また売掛債権担保融資はまだあまり知られていない融資方法なので、周囲からの信用力があまりないという点もデメリットです。その為、対外的に売掛債権担保融資を受けている事が知られてしまうと、あの会社は大丈夫かと誤った認識をもたれてしまうので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *