売掛債権担保融資の特徴や審査

売掛債権担保融資はファクタリングとよく混同されますが、大きな違いがあります。

それは、売掛債権担保融資はあくまで売掛債権は担保に入れるだけであり、相手に譲渡するわけではないという点です。そして、借金の一種であるという点もファクタリングとの大きな違いです。ファクタリングでは売掛債権を専門の業者に買取してもらうことになるので、借金ではなく買取と言えます。売掛債権担保融資は借金なので、当然ですが審査があります。お金を借りるわけなので、返済能力があるかどうかをしっかりとチェックされるので要注意です。

万が一返済ができなくなっても売掛債権を没収されるだけですが、甘くみないほうがいいです。売掛債権で足りない場合には借金が残ることもあります。ファクタリングとはまるで異なることがわかっていただけたでしょうか。担保がある分、お金を貸す側のリスクが下がるので、金利は低めになる傾向です。そのため、高額な手数料をとられるファクタリングに比べたら利用する側もリスクが低めであると思われます。

審査で重要になるポイントは、会社の創業年数・決算数値・経営者個人の信用情報・事業内容・免許などです。一番ウエイトが大きいのは決算数値となるでしょう。決算数値から収益性や安全性、返済能力などがわかるからです。黒字であることはほぼ絶対条件でしょう。赤字経営でも可能性がゼロではありませんが、赤字でどうやって借金を返済していけるのか説明できる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *