売掛債権担保融資による資金調達

売掛債権担保融資は、企業の資金調達方法の一つとして知っておくと、いざという時に役立ちます。

これは簡単に言えば、売掛債権を担保にして銀行などの金融業者からお金を融資してもらう方法です。普通、銀行などからお金を貸してもらう場合に担保として要求されるのは、土地・建物などの不動産が多いですが、中小零細企業の場合には、そんな担保に出せるような不動産を持っていないことも少なくありません。そんな時でも、売掛債権担保融資を活用すれば資金を調達できる可能性があります。

売掛債権担保融資において、どれだけのお金を融資してもらえるかは、融資依頼企業自体の信用と、さらに担保として差し出す売掛債権の額と質によるといえます。特に質の方が重要視されます。売掛債権の質というのは、売掛先の企業の信用に他なりません。例えば、売掛先が超一流企業や官公庁だったりしたら、まず債権回収が不能になる可能性は低いですから、融資額は増えるでしょう。

しかし、売掛先がいつ潰れてもおかしくないようなベンチャー企業の場合は、債権回収不能リスクが高くなるので、必然的に融資額は低くなります。売掛債権担保融資とよく混同されるものにファクタリングがありますが、ファクタリングとはまったくの別物です。ファクタリングというのは売掛債権を完全に売却してしまうもので、担保にしてお金を融資してもらう売掛債権担保融資とは異なります。ファクタリングはあくまでも売却するわけですから、お金を返済する義務も当然生じません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *