Webデザインは見やすさと美しさに重点を置く

Webデザインをするときは、見やすさと美しさに重点を置くことが必要になります。見やすさというのは、そのページの訪問者に負担を与えないことです。いくら良い情報が掲載されていても、見にくいと感じたら訪問者は別のサイトに行ってしまいます。見やすいWebにするには、行間を十分に取って訪問者にゆったりとした印象を与える必要があります。

またWebデザインをする人が自分のセンスを使って、そのページに合った画像を選ぶことを大切です。画像は強い印象を与えますし、訪問者に負担をかけないでメッセージを伝えることができます。最近は動画を埋め込むサイトも増えており、動画だったらさらにインパクトが強くなります。Webデザインをするときは、美しさも大切です。

美しいページだったら、多くの訪問者を惹きつけることができます。ただし、Webの美しさは極端なものにすることはありません。重要なことはコンテンツであり、コンテンツを引き立たせる美しさを用意しなければなりません。一番ポイントになるのは、配色です。

明るくて爽やかな色を配置するようにすれば、雰囲気のよいWebを作り出すことができます。ただし色合いは、Webの内容に合致したものにする必要があります。例えば弁護士のサイトだったら、明るい色ばかり使うと落ち着かないサイトになる可能性があります。弁護士のサイトの場合は法律用語のような硬い内容が多いので、それに合った色を選択しなければなりません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*