サーバー運営のためのサービス

サーバーを運用するにあたっては、相応の知識と経験のあるスタッフがいれば、自社で直接行うことも不可能ではありませんが、一般的には、こうした行動な人材を確保できる会社は少数派であるといえるでしょう。そこで、サーバーの運用のためのサービスを提供している別の会社に対して、その業務を委託するなどの方法によって、適切な運用を図ることになります。この場合、ハウジングとよばれるサービスであれば、サーバーそのものは自社の名目をもって購入しておきますが、別に専用の施設を提供している会社に本体を設置して、実際の管理をまかせることになります。管理の内容としては、契約によってもまったく異なりますが、たとえば、24時間態勢で外部からの不正なアクセスを監視したり、移動中の不具合をチェックしたりといったことがらや、定期的にメンテナンスを実施したりといったことがらになります。

いっぽう、似たようなサービスにホスティングがありますが、こちらはサーバーの所有権そのものを持つと同時に管理運営をしている専門の会社がありますので、そのサーバーのスペースを間借りするようなかたちで利用をすることになります。当然ですが、メンテナンスや常時監視といったことがらにしても、別途契約を結ぶということではなく、専門の会社のほうが実施しています。このように、ひとことでサービスとはいっても契約形態の違いがありますので、目的にあわせた選択が必要です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*