SEO対策の今と昔の違い

インターネットでの検索エンジンが多くの人に活用されるようになり、その結果にある程度の信頼性が求められるようになりました。星の数ほどあるサイトから品質の良いものを提供するためには、それなりの工夫が必要です。だからといってひとつひとつを人の目で確認していくことは現実的ではありません。そこでインターネットを巡回して情報を集め、評価基準によってランキングを行うプロセスが使われる様になりました。

昔のSEO対策は、この評価基準に対してテクニカルな対応をすることでランキングを上げていました。例えば被リンクの数が多い方がいいと言われれば、内容のない架空のリンクを作り出すことで対応したり、キーワードをできるだけ多く埋め込むことで、検索に引っかかるようにするような行為です。これでは質が悪くても順位が高くなることがあり不適切です。何度かのアップデートによりそのような不正は排除されました。

現在のSEO対策はランキングの順位を目的としたものではなく、サイトの品質を向上させるような対策が行われます。それが結果として効果的なSEO対策になります。これは検索サイトが目指している方向性と一致しているため、良い方向に進んでいることがわかります。今後もアップデートが行われるたびに、ユーザーのために有効なサイトだけが上位に表示される環境が構築されると思われます。

これからは、それだけ高度なSEO対策の技術が必要となると言うことです。SEO対策のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*