アップデートがSEO対策に与える影響

SEO対策サイトの品質を上げる行為であるうちは問題になりません。それがランキングの順位だけを気にした内容の伴わない対策を行っているようなら、排除される対象となるかもしれません。それは品質の良いサイト情報をユーザーに届けたいという検索エンジンの信念から逸脱してしまうからです。過去にも検索エンジンにおいて不適切なSEO対策を排除するためにいくつかのアップデートが行われました。

例えば品質の悪い被リンクがあるようなサイトの順位を落とすというアップデートです。これによってスパム行為などを行っていたサイトは上位から陥落して、出てこなくなるものもありました。もう一つは品質の低いサイトの排除のために実施されたものです。コンテンツがコピーされたものばかりだったり、プログラムで大量に自動生成されたようなものを発見し、ランクを下げました。

このような不正なSEO対策はブラックハットと呼ばれて、厳しく警告を受けていた経緯があり、その警告を無視した結果と言えます。これから行われるアップデートはわかりませんが、公表されている指標から、読み込み時間の短縮や視覚的な安定性が高いサイトをランクの上位にするようなものが計画されていると考えられています。これらはユーザーの快適なブラウジングのために考えられることでブラックハットの取締ではありませんが、重いコンテンツを使っているようなサイトでは、改善が求められることになりそうです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*